今夜の斎藤佑樹の投球を最初から最後まで見届けた。
勝負しようとする表情が印象的だったが、コントロールが不安定で勝てる
投手にはなれていない。
左打者に対して松坂のようなバックドア(シュート系)を習得できていれば、
勝てる投手になれたのでは?
プロの世界、もう次のチャンスは与えるべきでない。

しかし、まだ見たいのが本音。
斎藤佑樹は何かをもっている。

もし今夜が最後の投球であれば
甲子園伝説の投手、斎藤佑樹の次の人生の活躍を願う。
ありがとう。斎藤佑樹。