高校野球北北海道大会準々決勝 北見北斗-旭川実業 観戦記

両チーム スタメン
KIMG2333


先発投手 旭川実業  吉田(1) スライダーを中心にコントロールで勝負する右投手
       ベストボールは三振をとる落ちる球(おそらくスプリット)MAX136 ストレート130中 
       スライダー110 スプリット110(旭川明成 戦 投球内容はコチラ
               
      北見北斗 塩川(1) 硬いフォームからボールを動かす右投手MAX128 ストレート120台
             ファーク or チェンジアップor浅いナックル120台

〇1回表 北見北斗 
2死から3番 ストレートをセンター前へ初ヒット(配球ミス)4番 打ち損じのサードフライ
 旭川実業 吉田投手。私が観戦した旭川明成戦より落ち着いて状態が良く感じた。              
      
〇1回裏 旭川実業 
1番初球をライト前へ初ヒット、2番初球を送りバント成功。
2球で2塁へ進める速攻野球でリズムを作る。注目打者 3番 陣を敬遠ぎみの四球(動画あり
4番 池尻レフト前へタイムリーヒット旭川実業が流れるような攻撃で1点先制。2塁走者はアウトの
タイミングに思えたが3塁コーチャーがホームへ導いた した判断力が素晴らしい。
2死1.3から1塁ランナー盗塁を試みる(ファール)
 北見北斗 塩川投手 腕が振れていなく不安な立ち上がり。

〇2回表 北見北斗 
先頭打者をスプリットで空振り三振、捕手が弾いて振り逃げで1塁、吉田投手のベストボール。
1塁走者をバントで送り1死2塁のチャンスを作るが無得点。

〇2回裏 旭川実業
 三者凡退。
北見北斗 塩川投手、腕の振りが遅いのはフォーク or ナックルの握りによるも のだと判断した。
ボールを動かして打たせる投球スタイル。 

〇3回表 北見北斗 
2死からイレギュラーヒットで出塁、2死1塁3番、1塁走者が投手セットポジション時に走り出して
しまいアウト。北斗、焦る場面ではなかった。残念な攻撃。 
     
〇3回裏 旭川実業 
試合前に指摘した北見北斗、守りのミスが続出。エラー3(実質4)。
6番 高橋に2点タイムリーなどで3点。5点以上入りそうな状況だったが北見北斗はよく粘った。
特筆は塩川投手が1塁けん 制悪送球、ファウルグラウンドへボールが転がる、ファーストがボール
を見失っているのを見て塩川 投手、自らボールをとりにいく。私は初めて見たプレー。
恥ずかしいプレーではない、1球に集中した ファインプレー。

〇4回表 北見北斗 
2死から5番 塩川 浮いたスライダーをレフトへホームラン。1点返して4-1。

〇4回裏 
旭川実業 2死1.2 3番 陣 センターフライ。

〇5回表 北見北斗 
三者凡退

〇5回裏 
旭川実業 5番 西森 ライトへタイムリーヒット1点追加 5-1      

★5回終了時感想。
北見北斗エラー続出もあり旭川実業コールド勝ちもあると思えた。
旭川実業-旭川明成のような後半、残念な試合展開になることも予想して、グランド整備中、
塩川投手のボール(球種)を確かめるためにバックネット席 へ移動。雨が降り出し勝負は決ま
ったと判断して帰った客は名勝負を見逃すことになる。
      
〇6回表  北見北斗 
旭実 吉田投手、雨が気になるのか先頭打者0-3カウントと制球が定まらない。
先頭打者1番 痛烈なピッチャー返しで出塁、2番バント失敗。3番レフトへポテンヒット。
1死1.2塁反撃チャンスで4番 浅井、初球は外スライダーでストライク(見逃す)、
私は2球目も同じ外スライダー;予想、打者 浅井もスライダーを待っていたようにスィングする。
ミスショット、サードゴロ。浅井1塁ベースへ足からスライディングする。塩川に続き、なりふり
構わない必死のプレー。
5番 塩川、打つ雰囲気がある。しかし、スプリットで三振。吉田投手はピンチに強い。

〇6回裏  旭川実業 北見北斗投手交代 塩川(右)⇒山本(左)
                 リリーフ投手 北見北斗 山本(3) スライダーを巧みに使いストレートを速く見せる左投手 
                          MAX125 ストレート120台、スライダー110台

リリーフ山本投手、三者凡退に抑える。

〇7回表  北見北斗 
先頭6番に代打 小林、打球はショート富永、ナイスプレーも内野安打。
1死1塁8番スライダーをレフトヒット。
1死12塁 9番 立石 初球をレフト線へ放つもファール!レフト高橋もダイブと球場が盛り上がる。
バックネット客も「北斗いけー」と絶叫し北見北斗を応援する雰囲気のなか、立石ライト前へ
2点タイムリースリーベースヒット!ライト前の打球だがライトポジションがセンターへ寄っていた。
1死3塁 1番レフト定位置へフライ、3塁ランナーベースを離れタッチアップは狙わない。
バックネット客「ベースについとけ!」と叫ぶ。私もタッチアップで狙ってほしかったと残念に思って
いると、2死3塁 2番センターへタイムリヒット!1点追加 5-4北見北斗1点差。
旭川実業、伝令を出すタイミ<ングだが出さない。
2死1塁3番初球をライト前ヒット。2死12塁4番浅井、旭川実業はここで伝令。
4番浅井に対して外ストレート、外スライダー強振、高めストレート空振り三振。
浅井は2球目のスライダーを待っていたように見えた。紙一重の勝負。旭川実業に運があった。
                
〇7回裏  旭川実業 
先頭2番ショートが捕れそうなセンター前ヒット。
無死1塁 3番 陣1-2からヒットエンドランの強い打球をファーストを襲うがファーストが体で止める。
流れが変わった後の旭実らしい攻撃。
1死2塁 4番、5番凡退。最後はフォーク、チェンジアップを投げて抑えた。

〇8回表 北見北斗
先頭5番塩川 強烈なファールを放った後、センターフライ。
2死7番センター前ヒット。
8番センターへヒット、1塁走者が3塁へ暴走、1塁走者にボールが当たり3塁まで到達。
 2死13塁で旭川実業伝令で間をとる。
9番カウント1-2から空振り、吉田投手が三振と勘違いして ベンチへ向かう。
この試合は両チーム選手達は別世界で野球をしている感覚があったのだろう。
ミスを責める必要はない。吉田投手が抑える。
北斗無得点。5-4。次の1点が試合を決める展開。

〇8回裏  旭川実業 
先頭6番 初球セーフティバントを試みるが投手前でアウト。よい攻撃。
7番サードゴロがイレギュラーするがサードナイスプレー。
2死8番センターへヒット。
2死1塁 9番 1-1からフォークをパスボールで走者2塁へ進む。
北見北斗伝令、旭川実業応援団が応援を止める。相手チームに心遣いをする対応に心が打たれる。
試合再開、四球で2死12塁 1番MAX127キロ高めストレートで三振!
北斗 山本投手すばらしい。 

〇9回表   北見北斗 
1番 十亀 ライトへホームラン!同点に追いつく 5-5。
 この後、9回以降の攻防は映像で確認してほしい。書くことができない。
        
 9回、10回攻防は動画







ca602be5.jpg

★試合感想 落ち着いて書くことができないので後日。
        
〇応援団   両チームともに素晴らしい応援でした。北見工業高校野球部の友情応援ありがとう。